永代経 永代 墓 納骨堂 東京都 調布市

 調布市 明西寺 トップ
調布市 明西寺 ようこそ
【浄土真宗の教章】
【浄土真宗の生活信条】
住職からの一言
年間予定表
明西寺の境内(写真)
看板猫(つるべ)のページ
調布市 明西寺 無量壽廟 墓処
永代合同墓
新設墓所のご案内
調布市 明西寺 お問い合わせ
お問い合わせフォーム
リンク集

永代経 永代 墓 東京都 調布市
  住職からの一言

住職からのご挨拶
住職からのご挨拶 「生かされていた私」


「目」があって、「鼻」があって、「口」があって、「耳」があります。それぞれ、どんな仕組みになっているのか、良くわかりません。
たとえば鼻には穴があいていて、呼吸がはたらきづめに、はたらいていてくれる。
この呼吸がとまったら、忽ちのうちに死んでしまわなければなりません。
サンプル画像 「いのち」にかかわる呼吸です。その「いのち」にかかわる呼吸を、その主人公である私は、忘れ放しなのです。その忘れぱなしの私のために、夜も昼も、土曜日も日曜日も、盆も正月も、一瞬の休暇もとらず、はたらきづめにはたらいていてくれるのです。
 「口」があり、「口」には「歯」があり、「舌」があり、食べものを噛みこなすはたらきをしていてくれるのです。食べ物が「胃」に入り「腸」に進み、血となり、肉となり、骨にもなる。はたらきのエネルギーに変えていくのです。
 胸の中では「心臓」が、これも年中無休ではたらいてくれるのです。
 「生きている」つもりでいたら、何もかも「生きさせてもらっていた」のです。そのことに気づかせてもらえるのも仏様の教えです。仏様は、私の中で、私といっしょに、私のために、忘れっ放しの私のために、生きて、はたらいていてくださっていたのです。

                                              合掌

住職からのご挨拶
住職からのご挨拶 当寺院は元和八年(1622年)、
信州(長野県)松本より
佐々木了頓出府し江戸 神田
佐久間町に創健致しました。

そして、明暦の大火により(1657年)築地に移転し、
また関東大震災後昭和2年に当地に移転、
開基以来現20代390年が経過致しました。
サンプル画像 この度、新たな試みとして、
長年の懸案事項でありました当寺のホームページを開設することが出来ました。

不慣れな事ばかりで、
多くの皆様にご覧頂くには、まだまだ足りない部分も有るかとも思いますが、
親しみやすく、地元に根付いた寺院を目指し、
ホームページを通して、教え、行事、寺院の毎日の様子など、
皆様に楽しんで頂ける様な情報を発信してゆければ、と思っております。

このホームページを通じて、皆様の疑問や質問にお答え出来れば、と思っておりますし、
また、「婦人会」や「壮年会」、
また我々も楽しみにしている「ボーイスカウト」の活動などの活動記録や、
行事の告知などに活用していければ、と考えております。

より良い寺院、そしてホームページとなるよう、アドバイスを頂けますようお願い申し上げ、
ご挨拶とさせて頂きます。

                                       合 掌

湯嶋山 明西寺の年間予定はこちら

湯嶋山 明西寺 基本情報
【宗派】 浄土真宗  本願寺派
【本尊】 阿弥陀如来
【本山】 西本願寺
【創建】 元和8年(1622年)
【開基】 佐々木 了頓


湯嶋山 明西寺 ご案内
【所在地】 〒182-0003 東京都調布市若葉町1-43-5

【電話番号】 03-3300-1901

【FAX】 03-3300-2681

【最寄り駅】 京王線 仙川駅
  仙川駅改札口を出て右、商店街を左に曲がり
  バス停(仙川駅前入口)を過ぎ神代高校手前

        小田急線 成城学園前駅(北口)
  調布駅南口行き・狛江駅北口行きのバス(3番のりば)
  に乗り仙川駅入口下車1分

※地図はクリックすると拡大します。
地図

サイトマップ

【ホーム】
【明西寺へようこそ】 浄土真宗の教章  | 生活信条
   住職からの一言  | 年間予定  | 明西寺の境内
【無量壽廟】 永代合同墓
【基幹運動】 壮年会  | 婦人会
ボーイスカウト調布九団
     ビ-バー隊カブ隊ボーイ隊
【明西寺ご案内】 お問い合わせフォーム  | リンク集

写真館

▲ページトップへ

COPYRIGHT(C)2008 湯嶋山 明西寺 ALL RIGHTS RESERVED.